物質環境化学コース

(80名程度)

物質環境化学コースでは、機能性分子や新素材の開発、環境を守る新技術、バイオテクノロジーなど化学をベースとする様々な研究に挑戦しています。化学の実験が楽しい、もっと専門的な化学を知りたい、自分の手で科学技術の進歩に貢献したいと思うあなたを待っています。

物質環境化学コース ディプロマポリシー

工学部基盤工学科物質環境化学コースの学位授与の方針(ディプロマポリシー;DP)は以下のとおりです。

  1. 化学および関連分野における知識・技術を修得し、それらを材料開発や環境保全等に活用できる基礎的能力、応用能力、デザイン力を身につけている。
  2. 工学の幅広い視野を備え、新たな差異を生み出す意欲と能力を身につけている。
  3. 工学技術者としての自覚と倫理観、キャリア観、ならびに幅広い教養と、物事を多面的に理解する能力を身につけている。
  4. 自らの考えをまとめ、発表・討論できる創造的能力およびコミュニケーション能力を持ち、他者と協働する能力を身に付けている。さらに国際的に通用する人材としての基礎的知識を修得し、社会に貢献できる能力を身につけている。
  5. 主体的、継続的に学修を進める自己啓発の意欲と能力を身につけている。

物質環境化学コース 学修・教育目標

工学部基盤工学科物質環境化学コースの学修・教育目標をディプロ・マポリシー(DP)に合わせて次のように設定します。

  1. 【基礎的能力、専門分野の知識・技術、問題発見・問題解決デザイン力】
    化学および関連分野における知識・技術を修得し,それらを材料開発や環境保全等に活用できる基礎的能力,応用能力,デザイン力を身につける。
  2. 【幅広い視野、新たな差異の創出能力】
    工学の幅広い視野を備え、新たな差異を生み出す意欲と能力を身につける。
  3. 【技術者の自覚・倫理観・キャリア観、幅広い教養、多面的理解力】
    工学技術者としての自覚と倫理観、キャリア観、ならびに幅広い教養と、物事を多面的に理解する能力を身につける。
  4. 【考察・発表・討論力、コミュニケーション・協働力、国際的素養と社会貢献力】
    自らの考えをまとめ、発表・討論できる創造的能力およびコミュニケーション能力を持ち、他者と協働する能力を身につける。さらに国際的に通用する人材としての基礎的知識を修得し、社会に貢献できる能力を身につける。
  5. 【主体的継続的自己啓発力】
    主体的、継続的に学修を進める自己啓発の意欲と能力を身につける。

物質環境化学コース カリキュラム・ポリシー

工学部基盤工学科物質環境化学コースの学修・教育目標を達成するためのカリキュラム方針(カリキュラム・ポリシー);CP)は以下のとおりです。

  1. 初期導入教育,リテラシー教育(英語や情報処理基礎など)、工学基礎教育(数学,物理,化学)、およびデータ科学教育(プログラミングなど)などを主に1~2年次に配置。
  2. 人文科学・社会科学・自然科学系の幅広い教養教育を主に1~3年次に配置する。
  3. 光工学に関する知識の習得を目的として、量子化学基礎、光工学I、光工学Ⅱ、機器分析・光計測化学、有機スペクトル化学、量子化学を配置する。
  4. 1年次に修得した基礎学力を土台とし、材料開発や環境保全に必要な専門知識を系統的に学び、身につけることを目的として、2-3年次に物理化学、分析化学、有機化学、無機化学、化学工学、高分子化学、生化学などの物質環境化学分野の専門科目を配置する。
  5. 分野横断型教育を全学年に亘って実施する。
  6. 化学の基礎・専門知識を基に,実験的検討からの考察と結果の整理を通じて問題解決策を提案するデザイン力を養い、「生み出す力」を育むことを目的として、物質環境化学実験A, B, Cを配置する。
  7. アクティブラーニングを取り入れた教育を全学年に亘って実施する。
  8. 工学と社会との接点を正しく捉え、考え、行動する力を養うことを目的として、工学倫理教育を実施する。
  9. 問題発見、研究課題の計画とその遂行、結果考察および成果発表と議論の一連のプロセスを通じ、技術者として必要な総合的能力を実践的に身につけることを目的として、4年次に卒業研究を実施する。

旧・応用化学科のページはこちら