情報工学科 応用化学科 電気電子工学科 機械システム工学科

構成

 学部 |  大学院博士前期課程 |  大学院博士後期課程 |  共同教育研究施設  

学部

機械システム工学科

機械システム工学は、モノの形状や運動を実現する旧来の機械工学に、情報工学、ナノ工学、バイオ工学などを統合した新分野です。生体を模した知能ロボットに象徴されるような、単一の構成原理では実現できない複合的な新技術の創造を目的として、旧来の枠を越えた教育研究に取り組んでいます。

電気電子工学科

電気工学、情報通信工学、電子工学分野の広い学問領域に対応した調和のとれた教育・研究を行っています。電気電子システム工学分野を、電磁エネルギー工学、電子物性工学、情報通信システム工学の3つの領域から構成しています。

応用化学科

応用化学科の教育と研究は、化学を中心として環境科学や工学、物理、生物、医薬、エネルギーの幅広い学問領域をカバーしています。応用化学科では、世界のどこにいっても「化学」を駆使して活躍できる人の養成を目指しています。

情報工学科

情報システム科学が関連する領域は、情報科学の基礎分野から計算機工学の応用分野にいたるまで、きわめて多岐にわたっています。情報工学科・情報システム科学専攻では、基礎から先端技術までの体系的な学習が可能なカリキュラムを用意しています。

ものづくり創成工学センター

工学部附属ものづくり創成工学センターは、未来を担う技術者の創造性と独創性を育み、ものづくり感性を涵養するために活動しています。学科横断的な「螺旋型工学教育プログラム」を開発して、各学科の専門教育を縦糸、センター主導による共通的科目を横糸とする教育実施体制の整備に取り組んでいます。

技術部

教育実験用機器・研究用機器の設計・試作・改良などの技術支援、学生実験・実習・演習などへの教育支援、入試業務・広報業務などの事務支援を行っています。

大学院博士前期課程

機械知能工学専攻

機械システム工学は、モノの形状や運動を実現する旧来の機械工学に、情報工学、ナノ工学、バイオ工学などを統合した新分野です。生体を模した知能ロボットに象徴されるような、単一の構成原理では実現できない複合的な新技術の創造を目的として、旧来の枠を越えた教育研究に取り組んでいます。

電気電子システム工学専攻

電気工学、情報通信工学、電子工学分野の広い学問領域に対応した調和のとれた教育・研究を行っています。電気電子システム工学分野を、電磁エネルギー工学、電子物性工学、情報通信システム工学の3つの領域から構成しています。

物質環境化学専攻

物質化学・環境化学・バイオテクノロジーを主軸とするカリキュラムと専門スタッフが、効率のよい物質生産技術やエネルギー生産技術の開発、環境対応型のリサイクル技術の開発、化学領域と医学・薬学・農学との融合など、幅広い教育研究に取り組んでいます。

地球環境デザイン学専攻(建築系建設系

地球環境デザイン学専攻は、建築環境デザイン学コースと社会基盤デザイン学コースで構成されています。建築環境デザイン学コースでは、主に建築物に関わる分野を教育研究の対象としており、社会基盤デザイン学コースでは、社会基盤整備および地球環境問題に関わる分野を教育研究の対象としています。

情報システム科学専攻

情報システム科学が関連する領域は、情報科学の基礎分野から計算機工学の応用分野にいたるまで、きわめて多岐にわたっています。情報工学科・情報システム科学専攻では、基礎から先端技術までの体系的な学習が可能なカリキュラムを用意しています。

学際先端システム学専攻

学際先端システム学専攻は、機械、電気電子、応用化学、建設、情報といった工学の個々の分野のみに捉われることなく、それらの融合領域を志向した新たな考え方に基づく専攻です。学際先端システム学専攻には、オプティクスコース、ITスペシャリストコース、融合領域システムコースの3つのコースがあります。

大学院博士後期課程

システム創成工学専攻

博士後期課程は循環生産工学コース,機能創成学コース、知能情報学コース、および学際先端システム学コースの4つのコースで構成されています。非常に多くの社会人ドクターを受け入れています。

共同教育研究施設

地域共生研究開発センター

民間企業等が本学と共同で研究を進めたいとき、あるいは技術相談に乗ってもらいたいときのパートナーの紹介を行います。先端機器を用いた機器分析や、大学院生を中心とした若手研究者の育成も支援しています。

知的財産センター

知的財産センターは、大学内に埋もれている研究成果の発掘と知的財産としての登録を促し、これらを社会に発信する機能を強化して、積極的な技術移転推進による地域・社会の活性化に貢献することを目的としています。

オプティクス教育研究センター

社会的な要請に応えて、オプティクスの基礎的及び基盤的な分野について体系的教育を徹底し、ものづくり基盤技術についても精通した人材の育成を行います。

総合メディア基盤センター

本学の研究・教育及び大学運営に資する情報処理システム、情報ネットワークシステムのデザイン、整備、維持運用役務を行っています。

附属図書館

学生および教職員の教育研究に必要な情報資源の収集・アクセスを支援します。工学部分館の蔵書は98000冊以上。多数の電子ジャーナルやデータベースも利用できます。