学部長メッセージ

未来は時間とともに来るものではない,創るものだ

工学部長
横田 和隆

現代社会は工学技術によって支えられています。皆さんの周りには便利な製品や道具がたくさんあって,工業製品を使わずに暮らしてゆくことは考えられません。社会全体を考えても,エネルギーの供給,ものの製造・流通,医療・福祉など,地域,国,世界のありとあらゆる仕組みを支えるために工学技術が使われています。

人々の役に立つ「新しいもの」を生み出すには,今そして将来,何が必要であるかを考えて技術を磨く必要があります。高度ではあっても限られた範囲の知識だけではできません。どのような工業製品であっても今や複合的な知識と技術を組み合わせて作られており,将来技術者としてイノベーションを起こすには,工学の幅広い知識と自分の武器とする深い知識を駆使できる専門家となり,他の専門家と協力して働くことが求められています。

工学部では,意欲に燃えた皆さんが,機械や電気電子,化学,計算機にかかわる高度な専門知識と同時に,工学分野全体を俯瞰する視点を身に着け,そして今後ますます重要になるであろう,光工学や人間の感性についても学んで,さらには工学を超えて他の専門分野の人々とも協力できるよう成長する機会を提供します。

21世紀も最初の1/5が過ぎました。「22世紀をデザインせよ」。それが皆さんに期待することです。工学部で学び,未来を創りだす夢を追いかけてみませんか。

Total Page Visits: 347 - Today Page Visits: 8