江川 千佳司 教授

江川 千佳司

触媒表面で起こる原子と原子の間の化学結合の付け替えのしくみを調べる。

触媒表面では、原子と原子の間の化学結合の付け替えが巧妙に起こります。燃料電池で使用される水素の製造や排ガス中の有害成分の浄化に有効な触媒を開発するために、写真のような宇宙空間と同じ真空にできる表面分析装置を用いて、化学反応を促進できる触媒表面の原子1個1個の並び方や原子の周りの電子のエネルギー状態について調べています。

真空表面分析装置

Total Page Visits: 66 - Today Page Visits: 1