伊藤 聡志 教授

伊藤 聡志

高速,高品質なMRI画像の合成を目指して。

病院で頭などの体の内部を,あたかも透視したかのように画像化する方法に磁気共鳴映像法(MRI)があります。このMRIは磁石と電波を利用して体の中から出てくる微弱な電波を検出し,コンピュータを使用して生体断面を画像化します。MRIの課題は,撮影に時間がかかること,画像に雑音が乗って見にくい画像になってしまうことなどです。これらの課題を解決すべく光の回折で知られるフレネル変換処理を利用した新しい高速映像法や画像処理法の研究を行っています。

高速,高品質なMRI画像の合成を目指して