金成 慧 助教

眼球運動・瞳孔計測からヒトの特性を推定する.

情報通信技術などの進歩により,ヒトとコンピュータが情報をやり取りする機会はますます増えています.
私たちは,眼球運動や瞳孔反応の計測に基づいて,ヒトの心理的特性や注意状態を推定する手法の開発を目指しています.
また,心理物理学的アプローチを用いて,視覚情報処理機構の解明,美・感性の客観的評価や解明にも取り組んでいます.

研究イメージ
Total Page Visits: 120 - Today Page Visits: 1