古神 義則 教授

古神 義則

無線でつなぐ未来の情報通信。

高周波通信機器用のプラスチックやセラミックなどの各種材料の電気特性をどのように正確に測るかを研究しています。 対応可能な周波数帯はミリ波と呼ばれる周波数帯で、将来の無線通信用周波数資源として期待されています。 また、得られた材料測定データを、ミリ波・光通信システム用受動回路の高精度設計に活用して、通信機器の高性能化を目指しています。

研究イメージ