小池 正史 准教授

小池 正史

素粒子と宇宙の謎に迫る。

自然界のすべての物質は原子からできています.原子をさらに細かく見ると,原子核のまわりに電 子が回っています.それでは,さらに細かく分けていくとどうなるのでしょうか.その究極の構成要 素が素粒子です.極微の世界の素粒子の正体はいったい何か?どのような性質なのか?この疑問に向かって,解析的な計算や数値的なシミュレーションなどを使い,理論面から迫っています.
おもしろいことに,この極微の世界の探索が,果てしなく大きな宇宙の成り立ちと深く結びついて います.近年,宇宙の観測が飛躍的に進み,今まで見えていなかった「暗黒物質」の存在が確かなも のになってきました.その性質は,現在の宇宙の様子に刻み込まれているはずです.宇宙の性質を解 明することが,暗黒物質=未知の素粒子の探索と絡み合っているのはこのためです. こうした背景をふまえ,当研究室では,素粒子論と宇宙物理学の交差点で自然界の基本法則の本質 を明らかにしようとしています.

Total Page Visits: 55 - Today Page Visits: 1