荷方 稔之 助教

荷方 稔之

細菌が持っている高感度な化学物質の認識能力を応用する研究。

多くの細菌は、水中を泳ぐことができます。また細菌は、化学物質を高感度で素早く認識できるセンサーを持っているので、好きな化学物質があると自分から泳いで近づいたり、逆に嫌いな物質からは逃げていくことができます。このような細菌による化学物質の認識能力を応用することにより、近年注目されている環境ホルモンや環境汚染物質の新しい検出システムなどの開発を目指しています。

最近の走化性