高山 善匡 教授

高山 善匡

環境負荷低減を目指した構造材料「エコ構造材料」をつくりたいと思っています。

環境負荷低減を目指した構造材料をつくるにはどうしたらいいでしょうか。1.材料の長寿命化、2.材料の軽量化、3.材料のリサイクル性の3つが環境への負荷が小さい構造材料への指針だと言われています。そのために、「プロセス制御重視型材料開発」を目指し、成分は同じでも構造が違う、優れた材料をつくる研究を行っています。また、別の機能を持った構造材料も新たな方向です。そこで、高付加価値構造材料の研究も行っています。

エコ構造材料

Total Page Visits: 85 - Today Page Visits: 3