情報工学科 応用化学科 電気電子工学科 機械システム工学科

学科紹介

学科概要

科学技術の進歩と地球環境との調和を基本理念に、世界のどこにいっても「化学」を駆使して活躍できる研究者・技術者の養成を目指しています。

カリキュラムの特色

・基礎学力を重視: 1年生から3年生までの間に化学のしっかりとした基礎を身に付けられるよう、幅広い分野にわたって授業・演習・実験のカリキュラムを組んでいます。特に、無機化学,有機化学,物理化学,分析化学,化学工学の基礎科目の講義は演習と組み合わされており、基礎概念と思考力・計算力とを無理なく身に付けられるよう配慮されています。
・環境化学のスペシャリスト養成: 大気、水質、微生物に関する専門科目があり、公害防止管理者等の資格取得に役立ちます。燃料電池やグリーンケミストリー、生分解性高分子、バイオマスの研究もおこなっています。
・多彩で先端的な研究: 産業応用が間近の実用的研究から、ナノレベル・原子レベルのアカデミックな研究まで。光触媒や電子素子から、生物や医療に関係する分野まで。詳しくは研究室のページをご覧ください。

主な専門科目

無機化学,有機化学,物理化学,分析化学,化学工学,環境化学,生物工学など

取得できる資格・免許

・毒劇物取扱責任者
・甲種危険物取扱責任者の受験資格
・高等学校教諭一種教員免許状(工業)

卒業生の進路

化学系企業(食品、医薬を含む)をはじめ、電気・機械・情報系の企業,官公庁などあらゆる分野で活躍しています。また、より高い専門性が求められる傾向を反映して、半数以上の卒業生が大学院に進学しています。

   

応用化学科のホームページはこちら>>