情報工学科 応用化学科 電気電子工学科 機械システム工学科

教員紹介

教授

写真 池田  宰 キーワードは、環境・バイオ・情報:化学と生物の融合研究です
写真 伊藤 直次 水素をクリーンエネルギーとして利用する
写真 江川 千佳司 触媒表面で起こる原子と原子の間の化学結合の付け替えのしくみを調べる
写真 大庭 亨 物質の持つ機能を引き出して,高性能な計測方法を作り出する
写真 加藤 紀弘 高分子ゲルをバイオテクノロジーに利用する
写真 木村 隆夫 環境に適応した高分子材料の開発と廃プラスチックの再生利用技術の開発
写真 鈴木  昇 粉をつくる。粉や固体の表面の性質を見る・変える。
写真 単躍進
(吉村千里)
電気・磁気および光などの性能をもつ新しい物質を探索します

准教授

写真 飯村 兼一 界面活性剤の分子膜における構造と機能
写真 上原 伸夫 物質の持つ機能を引き出して,高性能な計測方法を作り出す
写真 刈込 道徳 新しい反応を開発し,その反応を使って未知の分子を合成して性質を解明する
写真 酒井 保蔵 磁気分離できる微生物で画期的な水の再生法「磁化活性汚泥法」を研究中
写真 佐藤 剛史 水の能力を引き出し、有害な薬品を用いずに物質やエネルギーを簡単につくる
写真 佐藤 正秀 ぬれ・表面張力を利用して液体を自在に操作する。
写真 清水 得夫 有害金属イオンによる環境汚染を調べるための分析法の開発を行っています。
写真

手塚 慶太郎

新しい機能を持つ無機物質の創製
写真 諸星 知広 バクテリアの会話をシャットアウトして細菌感染症に対抗する
写真 葭田 真昭 環境にやさしい21世紀の化学-超臨界二酸化炭素を用いた有機化学-
写真 吉原 佐知雄 光触媒やダイヤモンドを使って環境にやさしい技術を開発する

助教

写真

伊藤 智志

世の役に立つ有機化合物を作る
写真 岩井 秀和 触媒で化学の難問を解決する
写真 為末 真吾 生物の持つ機能を再現した高分子機能材料の開発
写真

奈須野 恵理

細菌の集団行動を制御する高分子ゲルやファイバーの開発
写真

荷方 稔之

細菌が持っている高感度な化学物質の認識能力を応用する研究
写真 古澤  毅 日本が抱えるエネルギー・環境問題を解決する