情報工学科 応用化学科 電気電子工学科 機械システム工学科

学科紹介

学科概要

情報科学・計算機工学などを含む広い分野で活躍できる技術者・研究者を養成する学科です。この学科では、情報工学の分野の最先端の研究を行っていますが、「基礎重視」が教育方針です。これは、急激な技術革新に対応できる普遍的な知識や思考法こそ、将来、必ず役に立つと考えられるからです。

カリキュラムの特色

論理的思考力を養う情報数学分野の科目や計算機システムのハードウェア、ソフトウェアの基礎から最新技術までを学びます。また、新しい応用分野に迅速かつ柔軟に対応した情報工学特別講義、最新のコンピュータによるプログラミング演習や実験・実習に取り組みます。

主な専門科目

情報工学の数理的基礎となる情報数学関連科目、計算機のハードウェア、ソフトウェアに関する科目、人工知能や信号処理などの情報工学応用関連科目など

取得できる資格・免許

・平成21年度以前の入学生は,所定の科目の単位を修得すると高等学校教諭一種免許状(情報)を取得できます。
・平成22年度以後の入学生は,所定の科目の単位を修得すると高等学校教諭一種免許状(工業)を取得できます。

卒業生の進路

情報通信(IT)や計算機関連の産業を中心に多方面にわたっており、それぞれの分野で情報工学科卒業生としての特色を発揮しています。この傾向は高度情報化社会の進展に伴い、ますます強くなっていくものと思われます。

  

情報工学科のホームページはこちら>>