情報工学科 応用化学科 電気電子工学科 機械システム工学科

学科紹介

学科概要

機械システム工学は、現代のあらゆる産業分野で必要となる「基幹工学」です。身のまわりの工業製品はもとより、食品、住環境から、防災、医療に至るまで、我々の生活は様々な機械によって支えられています。本学科は、こうした機械に関連する独創的な学問や技術を創造し、21世紀の技術革新を担う技術者、研究者を養成する学科です。

カリキュラムの特色

基礎となる実習系科目では、ごく小人数のクラス編成によって、きめ細かなものづくり教育を実施しています。また、デザイン系科目では、「サービスロボット設計」など、協力企業から提供いただいた現実の設計課題に取り組むことで、高度な実務能力を着実に養成します(経済産業省より産学連携人材育成事業を受託)。その他、Formula-SAEなどの国際プロジェクトに参加する学生の活動を、積極的に支援しています。

主な専門科目

材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、機械材料学などの機械科学をベースに、機械設計、実習、実験、ロボット開発などの実習系・デザイン系科目を学び、メカトロニクス、バイオテクノロジーなどの応用科目へ発展させます。

取得できる資格・免許

・高等学校教諭一種教員免許状(工業)
・JABEEによる修習技術者の資格

卒業生の進路

卒業生は、自動車・機械、電気・電子機械、情報・サービス関連の企業をはじめ、官公庁、教員など、あらゆる分野に進出しており、卒業後の活躍の場は極めて広範囲にわたっています。また、より高い専門的知識をもつ人材が求められる傾向を反映して、半数以上の卒業生が大学院に進学しています。

 

学科のホームページはコチラ>>