専攻紹介

専攻概要

21世紀の光の時代に役立つ人材育成を目指し,光学設計・解析・評価を含めた基礎および実践的な光学に関する教育を行います。特に,オプティクス教育研究センターと協力して,海外光学拠点大学からの外国人特任教員,企業からの客員教員による実践的な教育を行い,グローバルで実践的な光工学技術者の育成を目的としています。また,博士後期課程に進み世界で活躍する光学研究者を目指す学生の育成にも力を入れています。

カリキュラムの特色

1.基礎光学,応用光学,感性画像工学の3つの科目群による構成

 先端光工学専攻は,機械・電気電子・応用化学・情報工学など光学以外の幅広い学部学科からの進学者で構成されています。そのため,2年間で光工学に関する基礎から応用までを体系的に修得できるようにカリキュラム編成を行っています。

基礎光学科目群:幾何光学や波動光学など、現在ほとんどの工学系学部からなくなってしまった科目に加え,実験や企業見学、企業からの客員教員による講義も取り入れた実践的基礎科目群です。

応用光学科目群:通信・バイオロジー・メカトロニクス・材料など様々な学問分野と光学を結びつける科目をおき、光学が幅広い分野でどのように活用され,応用されているかの理解と知識を深める講義を提供する科目群です。

感性画像工学科目群:人間と光学技術の最もわかりやすい接点である画像表示技術に関する科目からなります。視覚光学からディスプレイ技術,そして本学の強みである感性情報学までカバーする科目群です。

2.国際的に通用する高度な専門知識が修得できるカリキュラム構成

アリゾナ大学光科学部が実施している遠隔地の受講生用講義(ディスタンス・ラーニング)を本専攻科目として位置づけています。英語で実施されるこの遠隔講義を受講し,課題に取り組むことでグローバルで実践的な光工学技術者としての素養を身につけることができます。

 3.オプティクス教育研究センターとの協力体制による実践的光学教育

 本専攻の教員が兼任するオプティクス教育研究センターは,とちぎ光産業振興協議会や光融合技術イノベーションセンターを通じて県内外の光学関連企業との協力事業や,地域の高等学校との連携を行っています。オプティクス教育研究センターで実施している様々な事業や活動、そして社会と直結した内容を含む本専攻の講義を通して,光学と社会との関わりを実体的,実践的に学ぶことができる機会を提供しています。

主な専門科目

基礎光学科目群: 「波動光学特論」、「幾何光学特論」、「光学基盤技術特論」、「光学設計特論」、「情報光学特論、」「光デバイス特論」、「先端光学実習、」「先端フォトニクス特論、」「偏光工学特論」
応用光学科目群: 「量子物性特論」、「レーザー科学特論」、「プラズマ工学特論」、「表面設計及分光解析特論」、「光機能薄膜特論」、「電磁波工学特論」、「光材料化学特論」、「光・電磁エネルギー特論」、「光集積回路特論」、「オプトメカトロニクス特論」、「バイオオプティクス特論」
感性画像工学科目群: 「色彩工学特論」、「感性情報工学特論」、「画像工学特論」、「ヒューマン計測特論、」「視覚ロボット工学特論」、「可視化情報工学特論」、「ディスプレイ工学特論」

修了の進路

先端光工学専攻を修了する学生は,光学機器メーカーを始めとする光学関連企業への就職先が見込まれています。さらに,一部の学生は,博士後期課程に進学し,最先端研究を遂行するスーパースペシャリストや国際的な研究者としての活躍が期待されています。これまでの実績に基づいて見込まれる就職先の主な企業は次のとおりです。

キヤノン(株),東日本旅客鉄道(株),(株)ニコン,東京電力(株),(株)京三製作所,(株)ウテナ,(株)日立製作所,ヤマウチ(株),(株)東芝,トモヱ乳業(株),スタンレー電気(株),(株)ADEKA,日本無線(株),桂化学(株),日立アプライアンス(株),花王(株),NEC(株),矢崎総業(株),日立ビアメカニクス(株),(株)ワールドインテック,日本電設工業(株),(株)ユアテック,NOK(株),東プレ(株),平山製作所,(株)ケーヒン,日立オートモーティブシステムズ(株),(株)ヨロズ,(株)エジソン,富士重工業(株),富士通フロンテック(株),キヤノンソフトウェア(株),など

  

先端光工学専攻のホームページはこちら>>